Language(About page translation)

language
Exhibition

展覧会情報

グルッポ・ルーチェ 第13回合同展

青木隆幸 オカダミツヨ かわたなおこ 熊谷隆 F・ゴーツ 星野倫 山本高

場所: ギャラリー
会期: 2021-09-20(月) ~ 2021-07-25(日)
時間: 12:00 -19:00 (最終日17:00 まで)

画像をクリックいただくと、拡大表示されます。

展覧会内容

gruppo luce

写真の成立要件は、光と暗箱と感光材料の3つですが、その中でも最も重要な
要素である光を意味するイタリア語「ルーチェ」をわたしたちのグループ名とし
ました。わたしたちにシャッターを押すその瞬間を教えてくれるのは、かすかな
気配を通じた光の合図にほかならないからです。グルッポ・ルーチェは、結成13
年のグループですが、定期的に作品をもちより、合評をともにしながら、
切磋琢磨を続けています。そして、年1回の合同展を、それぞれが自らの
コンセプトを構築し、活動を続けてゆくためのマイル・ストーンとして位置づけ、
継続的に取り組んでいきたいと考えています。

gruppo luce, la tredicesima mostra
グルッポ・ルーチェ 第13回合同展
2021.9.20-9.26 同時代ギャラリー

アーティスト詳細

■青木 隆幸 「苔(苔もよう)」

苔はどこにでも生えている
森の中だけでなく
塀やアスファルトの道端にも
乾燥や、暑さ、寒さにも耐え抜く力があり
どこへ行っても、さも当たり前というように
いつもしれっとそこにいる

青木 隆幸(あおき・たかゆき)
和歌山県和歌山市生まれ
2008年 京都造形芸術大学 卒業
所属:日本写真芸術学会・ピンホール写真芸術学会会員
個展 2008年12月「RIVERSIDE」ぎゃらりー・きょうばて 奈良市
〃 2009年5月「RIVERSIDE」小野町デパート 和歌山市
グループ展 2020年9月「グルッポ・ルーチェ 合同展」同時代ギャラリー 京都市

■オカダミツヨ 「Lotus」

朝陽に花開き、やがて朽ちて滅びゆくさまに、時の移ろいを感じて。

オカダミツヨ(おかだ・みつよ)
兵庫県生れ、伊丹市在住
2008年 京都造形芸術大学卒業
日本写真芸術学会会員
ピンホール写真芸術学会会員

個 展
2008年7月 「太陽に一番近い場所」(東京/プンクトゥム)
2010年1月 「雨の向こうへ」(大阪/フォトピア)
グループ展
2013年10月 「視界 写真家6人展」(大阪/壹燈舎)
2015年5月  「大阪写真月間 写真家150人の一坪展」(大阪/キャノンギャラリー)
2019年12月 「京都写真展」(京都/マロニエ)
2020年9月  「グルッポ・ルーチェ 合同展」(京都/同時代ギャラリー) 他

■かわたなおこ 「海辺」

季節外れの名前も知らない海辺の風景

かわたなおこ
2008年 京都造形芸術大学通信教育部 写真コース卒業

■熊谷 隆 「Time and 、、、」

時間が過ぎていく。
写真は記録といわれることもあるけど、それ以上のこともやっぱりあって。
そんな写真を撮りたい。

熊谷 隆(くまがい・たかし)
1977年生 大阪在住
2008年 京都造形芸術大学通信教育部 写真コース卒業
グルッポ・ルーチェ合同展(2009年~京都同時代ギャラリー)
冬の引き出し展(2012年、大阪Port Gallery T)

■F・ゴーツ 「タイトルというタイトル」

カメラボディとレンズ装置との間の通信方式がいずれの場合でもそれらの信号線から防振制御に使用するレンズ情報を取得できるようにすることにより、
いずれかの方式の機能を有しているいずれのタイプのレンズ装置に対してもレンズ装置からレンズ情報を取得して、精度の高い制御機能が提供されています。

F・ゴーツ
1953 年東京生まれ、2006 年京都造形芸術大学卒、大阪、岐阜在住、会社員を続けながら写真も続けている。

■星野 倫 「2021, Kyoto」

パンデミックの終わりが見えない。
息が詰まるという人もいるが、stay home は
私には快適だ。
たまに出かける京都も、
動じる様子もなく、落ち着いたたたずまいである。

星野 倫(ほしの・ひとし)
1955年、京都市生まれ。
2008年、京都造形芸術大学通信教育部写真コース卒業。
個展:「Portraits with Portraits」(2008年、同時代ギャラリー)
グループ展:大阪写真月間2018「写真家150人の一坪展」(2018年、オリンパスギャラリー大阪)他

■山本 高 「面影」

今、この瞬間に起こっている物事について行くことが難しい。
理解できないまま面影を見つめて、アレコレ思っているうちに日は過ぎていく。
近頃は、周りの人より20年は遅れていると思う。

山本 高(やまもと・たかし)
2009年 京都造形芸術大学 通信制 写真コース 卒業