Language(About page translation)

language
Exhibition

展覧会情報

「そこにあるということ」展

長尾柚香、棚部芹
(※8/12(月祝)も開廊いたします)

場所: ギャラリービス
会期: 2019-08-12(月) ~ 2019-08-18(日)
時間: 12:00-19:00

画像をクリックいただくと、拡大表示されます。

展覧会内容

金沢美術工芸大学修士一年の2人による展示。
2人の異なる視点と表現から、「そこにある/存在する」ということについて追及する展示。実存的な問題、あるいは存在を感じ取ること、それぞれささやかながら強く存在感のある作品を展示する。

アーティスト詳細

長尾柚香 / Nagao Yuka
金沢美術工芸大学院
紙や油彩、アクリルなどその時々で画材を組み合わせ新しいテクスチャを求め制作する。
2016 ないと展(金沢)
2018 22展  (札幌)
2019 trace展 (金沢)

 

棚部芹 / Tanabe Seri
金沢美術工芸大学大学院
美術工芸学研究科/絵画専攻/油画コース
1996年京都府生まれ。
日々の小さな発見や感動が私の制作の種です。大学での4年間を通して、色への興味を深め、現在は色を中心テーマとして制作を行っています。