Language(About page translation)

language
Blog

ブログ

2021.12.21 展覧会アーカイブ, 同時代ギャラリー展示, 企画展

「型象」ヤマゲンイワオ展

「型象」ヤマゲンイワオ展
2021.12.21(tue)-12.26(sun.)
12:00-19:00(最終日は17:00まで)
今週の同時代ギャラリーでは、ヤマゲンイワオさんの個展「型象」を開催しています。
手前のギャラリーで「型象」と名付けられた作品シリーズと、奥のビスでは近年製作された作品たちを展示しています。
「型象」とは、読みは「けいしょう」、意味は「かたちづくられたもの」「イメージ」という言葉。本来であれば「形象」の字をとりますが、ヤマゲンさんは「型(カタ)」にこだわり、今回の個展と作品シリーズに「型象」と名付けました。おもしろいことに「型」と「象」は「かたどったもの」と「かたどる」という似て非なる言葉の関係性があります。
金型屋の家に生まれ、「型」というモノ、概念、言葉に馴染み深いヤマゲンさん。今回のシリーズでは自分の好きな形や輪郭はなにか、ドローイングで描き出すところから始まったそうです。
ドローイングで出来上がっていく型たちを掘って刷った版画と、その元になった木版を同じ空間で展示することで、「型」と「象」の関係が常に相見える空間に仕上がっています。
最初のドローイングも、ギャラリー奥の小部屋に展示していますので、順を辿って作品を見ると、より空間と作品を楽しめるのではないでしょうか。
ギャラリービスでは、近年製作された平面作品を展示。木版画と和紙をコラージュした作品が並びます。「形象」の作品を含め、ヤマゲン さんの作品のタッチはとてもコミカルで、シュールで、哲学的です。それぞれの作品に何に対する考えが練り込まれているのか、想像しながらご覧いただける展示です。ぜひ合わせてご高覧ください。
2021年も最後の展示となりました。今年もコロナ禍のもと、アーティストの表現の場とあり続けることができました。大変お世話になりました。特に同時代展の開催は、皆様の多大なるご支援あっての開催でした。この場を借りて御礼申し上げます。2022年もどうぞよろしくお願いいたします。
私の作品は従来の版画から新しい表現の可能性を試みています。2枚の版木を組んだ立体と その版木で刷った平面のイメージを合わせた表現をしています。
今回の展覧会「型象」では今まで動植物や機械など具体的な形を題材にしてきましたが、自分の中にある美しいと思う形をドローイングし、その中から選んだものを版木(型)に起こし作品にしています。
私は金型屋の家に生まれ、幼い頃から機械や金型に囲まれ育ちました。
「いくら機械で正確に作ったものでも、必ず作った職人のクセが作ったものには出てくる」と聞かされ、クセとどんなに修正しても出てくるもんなんだなぁ、と思ったのを覚えています。
大量生産する為に作られた金型や版木、製品になるまでに作られた型にも人も手から生まれる形があり、クセとは取り除きようのない作り手の証であると思います。
自分の手から現れる形と自分の中にある – 美しい – と思う形を探求し作品にしていきたいと思っています。
ヤマゲンイワオ
Iwao YAMAGEN
1987 京都精華大学 造形学部 卒業
2003 リンク展(京都市立美術館)2003年以降毎年出品
    デイトン・京都 国際版画交流展(京都 USA) 2003年以降毎年出品
2008 ランプ展ー富者の万灯より貧者の一灯ー(ART FORUM JARFO,以降毎年出品)
2015 Asia Art Network (韓国) グランプリ、
    立体造形展2015(2015,2017,2018 ART FORUM JARFO,同時代ギャラリー)
2016 個展 ギャラリー悠玄(京都)、ノンコンクエスト展(ART FORUM JARFO)、大マンガ展(海月文庫)、アートレインボウプロジェクト ロストック(ドイツ)
2017 現代・春画展(JARFO京都画廊)、今立現代美術紙展1299(2017,2018 越前市大滝町)、 個展 同時代ギャラリー
2018 リンク展スピンオフ展(ギャラリーマロニエ)、現代・春画展(JARFO京都画廊)
    今立現代美術紙展(越前市大滝町)、個展(ギャラリー恵風)
2019 現代・春画展(JARFO京都画廊), 同じ刻を生きる作家 展(元祟仁小学校)
    個展 (ギャラリーh2o ) 、GIAF2019 (韓国)
【コレクション】
滋賀県県教育委員会、 バルカウス市美術館/フィンランド、ロストック市/ドイツ
手前のギャラリーには新作「型象」。
版木の立体と、平面作品を同じ空間に展示。
作品のフォルムが浮かび上がる様に版木の裏面を黒く塗っているとのこと。
ギャラリー小部屋にはドローイング。
ギャラリービスでは近年の作品を展示。
木版コラージュ。
こちらは搬入の様子。
今回の展示では、作品をオンラインショップで併売しました。
展覧会終了後も引き続き販売中。
作品1点1点ご覧いただけます。
また同時代ギャラリーYouTubeチャンネルに展覧会の様子をアップしています。
こちらもぜひご覧くださいませ!
2021年最後の展覧会となりました、「型象」ヤマゲンイワオ展。
ヤマゲンさんの旧知のご友人、生徒さん、ファンの方から、「SNSをみた!」ということでご来場いただいた方もございました。
版木と版画を同じ空間に展示する、という試み・作品で観る人の心を魅了した展覧会でした。