実験ショップ

『お店をつくってみたい!』
『自分のつくった作品を売ってみたい!』
『今までになかったようなお店をつくりたい!』
同時代ギャラリーがセレクトした若きクリエイターたちがSHOPプロデュースに挑戦。
フレッシュで素敵な空間に出会えるかも。

SHOP

◆ tomarigi ◆

tomarigi
【日々の暮らしをいろどる雑貨】

tomarigiは〈手から生まれるもの〉を集めた小さなお店。
テキスタイルや陶芸を中心に、何人かの作家が、暮らしの中にいろどりをそえられるような商品を販売しています。

ラインナップもパーティーに使えるアクセサリーから普段使いできるTシャツまで幅が広く、作家ごとのテイストもそれぞれ。
時には新しいメンバーが入ったり、馴染みの誰かが巣立ったり、昔の仲間がもどってきたり・・・

作家自身が順番にお店番をしているので、ふらりと立ち寄っていただく度に、それぞれの違った制作の話が聞けるかもしれません。

偶然お店の前を通られた方も、普段からよく足を運んでくださる方も、気軽に入れて気軽に作家自身とおしゃべりできる。
お客様にとっても、作家達にとっても「とまり木」の様なお店でありたいと思っています。

是非一度、羽根を休めにいらしてください。

FacebookTwitter

作家紹介

P1080876
BonBon (くぼあきこ・吉井香菜恵による共同ブランド)
“bonbon”はフランス語で “飴” “砂糖菓子” の意味。
京都では親しみを込めて“あめちゃん”と呼ばれています。辛いときや悲しいときにもらう “あめちゃん”
嬉しいときや楽しいときにあげる “あめちゃん”“あめちゃん”のように、カラフルでポップなオリジナルのテキスタイルを、がま口やふでばこなど日用品に落とし込むことで、使ってくれる誰かが“あめちゃん”を食べたときのように、少し幸せになる。
京都を拠点に、作り手が使い手に、使い手が作り手に、思いを馳せられるようなもの作りを目指しています。
HP siwnin
siwnin(小島柚穂による個人ブランド)
siwnin(シウニン)とはアイヌ語で青を意味する言葉。
指す色は幅広く、緑や紫、黄色まで含まれます。甕によって、布によって、濃度によっていろんな表情や色味を見せてくれる藍染。空に見えたり、海に見えたり、星に見えたりあなたには“なにいろ”に見えますか。手にとって、使って、完成する。
そんなものづくりを目指しています。
P1080877
◆ travelsome ◆
「travel=旅」は、遠い土地に行くことに限りません。
ほんの小さな心の動きで、いつもの景色が少し違って見える時、人は旅の中にいるのだと思います。
「travelsome(トラベルサム)」は、シルクプリントを用いた布製品/陶器/イラストレーションの制作を通して、「旅しがち」な毎日を、一緒に楽しめるものづくりを考えています。
P1080869
◆ ayako.ceramics ◆
ayako.ceramics は、小川文子による陶製品の個人ブランドです。
シンプルだけどかわいい、をテーマに陶の器とアクセサリーを展開。
1230度の高温で焼成した土や釉薬には他の素材とひと味違った雰囲気があります。
何となくシブい印象の「やきもの」も素材として扱えばこんなにもかわいくて、魅力的。
身につけたり、使ったり。暮らしの中に気軽に取り入れてみて欲しいなぁ、なんて思いつつ制作をしています。
あなたにとって「やきもの」が身近なものになりますように!
P1080847
◆chample rumble◆
ドライフラワーを使ったアクセサリー、布を一つ一つ彩色し感覚で組み合わせたアクセサリーを主に制作しています。
チャンプルー:沖縄の方言で「ごちゃまぜ」という意味。
rumble:英語でゴロゴロ鳴る、騒ぎという意味。
日本も外国もかわいいもかっこいいも関係なく私の好きなモノを全部ごちゃまぜにして騒々しく作るぞ!という気持ちでchample rumbleという名前にしました。
和装、洋装などにとらわれず、ごちゃまぜな楽しいアクセサリーを提案して行きたいです。
P1080852
◆oshiriyokai gozu◆